MENU
カテゴリ別に記事を読む
Post Calender
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
山田 かな子
株式会社Today代表取締役
和歌山県上富田町岡出身、1991年生まれ 同志社女子大学現代社会学部卒 小学校講師 @和歌山 イベント制作会社 @東京
教育関係 社団法人 @福島 起業家育成・インターン&副業マッチング NPO法人エティック@東京 5年目 若者を地域に呼び込む地域コーディネーター 株式会社TODAY設立(2022年7月登記)
2歳児の母
2022年5月ファミリーUターン

高校生の探究プログラム「START LINE」始まりました!vol.1〜キャリアの視点から〜

高校生にとって「シゴトをすること」は遠いようで意外と近い。実は来年度の大学カリキュラムから大学1年生から「シゴトを考える」ためのイベント・説明会が用意されています。さて、大学生になって「自分はどんな仕事に就きたい?」「どんな働き方がいいと思う?」と聞かれ、答えられるのは少数派でしょう。多くの人は「〇〇になってみたい、カッコ良さそう、〇〇も興味あるけど実際のシゴト内容・企業については知らない」のような回答が多いです。

その大学進学の前、高校3年間のうちに、出身地域から離れる前に、「一度、この地域のシゴトを見てみよう。自分はどうしたいか、現時点の考えをまとめてみよう」というのが探究プログラム「START LINE」の目的になります。

事前学習の様子(1月22日) 田辺市役所 鍋屋さんも来てくれました!

この地域で絶対に働いてほしい!、と高校生らを縛らせるわけではありません。この地域で生きていくにしろ、別のところで生きていくにしろ、いずれ自分のルーツを顧みて自分はどうしたいか?を考えなければいけない時がきます。(自分のことを考えず必死に生きないなんてあり得ない。必死に生きろ!←エール📣)

多様な働き方・多様な生き方がOKとされている今。自らのキャリアをデザインする能力(自律的なキャリア形成力)を養っていくことが重要だと思います。自分のシゴトのこと、この先の未来のことって誰も教えてくれないんです。十人十色です。キャリアの歩み方は、学校の成績が良かったらうまくいくもんじゃない。

探究プログラム「START LINE」では、高校生たちに地域の社長たちが自分のキャリアを話します。高校生の時に何を見て何を考えていたのか?なぜ和歌山で事業をし経営しているのか?。少し先に大人になり、時代を読みながら、事業を成功させ、社長となった方々。そして変化を惜しまない社長たちだからこそ、この探究プログラム「START LINE」に参画いただいているのだと思います。そういった人から考え方や価値観を盗み取るのが一番いい!

事前学習の様子(1月29日) ちょっとお姉さんの社会人や大学生がメンターとなります

<コラボ企業>1月22日(日) セレモニーホール中田(中田公益社)/1月29日(日)JA紀南(紀菜柑)/2月4日(土)エコ和歌山株式会社/2月5日(日)OUTDOOR TRIP株式会社

<スペシャルサンクス>田辺自動車学校

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次